聴くスキルについて

聞くと聴くと言う漢字があります。
傾聴とはなんだろう?
聞きなれない人は、何だろう?

と思うはずです。

コーチやカウンセリングの勉強を
していると出てくる言葉です。

============================
傾聴とは、なんですか?
============================

聴く、傾けるだから
耳を貸すでしょうか?

意味がわかりやすかったものを参照させて
いただきます。(下記)

——————————-
コトバンクより

カウンセリングやコーチングにおける
コミュニケーションスキルの1つです。
人の話をただ聞くのではなく、
注意を払って、より深く、丁寧に耳を傾けること。

自分の訊きたいことを訊くのではなく、
相手が話したいこと、伝えたいことを、
受容的・共感的な態度で真摯に“聴く”行為や技法、

それによって相手への理解を深めると同時に、
相手も自分自身に対する理解を深め、
納得のいく判断や結論に到達できるようサポートする
のが傾聴のねらいです。

——————————-

だそうです。

私はスカイプや対面でお話をききながら、

話し手いる人の声を真剣に興味を持ち
聴きながら、その人が気づいていない
ポイントや言葉を拾っていきます。

ものすごくエネルギーを使います。

。。。

「聞き上手になるテクニック」
などの本はたくさんあります。

しかし、本を読んだけでできるものではないです。
そもそも、相手に興味がないことには、始まりませんし・・・

それと面白いのが
音なのか声なのか?
の違いがわかってきます。