ワードプレス関連

まずはじめに入れておきたいプラグインリスト

更新日:

備忘録として

追加しておきたいプラグインリスト。

注意点としてプラグインを入れすぎると互換性が悪くてバグが出たりワードプレス記事が表示されなくなることがあります。

 

ここから

・AddQuicktag
よく使うショートコードを登録しておけば投稿画面ですぐに呼び出せるようになります。

・All In One SEO Pack
All in One SEO Packはインストールするだけで簡単にWordPressでのSEO設定を可能にしてくれる優れたプラグインです。

設定するのに参考にした記事:https://crosspiece.jp/howtoaiosp/

・ARVE Advanced Responsive Video Embedder
動画埋め込み関連のプラグインです、スマホへのレスポンシブ対応している。

・Custom Post Template By Templatic
個別記事ごとにテンプレートを選択を可能にするプラグイン
(有効化するとサイフォンスビジネステンプレでは記事表記できなくなりました)

・Google XML Sitemaps
WordPressサイトの サイトマップを自動で作成・送信する プラグインです。
ping経由で、 Google・Bing・Yahoo!などの 検索エンジンに サイトマップ更新を通知します。コードを書く必要はなく、選択式で簡単に設定できます。(設定あり)

サイトマップ作成・通知作業は Google XML Sitemapsで自動化して
Google Search Consoleで インデックス結果やエラー結果を確認するなど、
組み合わせて活用すると便利。

・Nested Pages
ワードプレスを「ブログ兼ホームページ」にしたい人に便利なプラグイン。
親ページ下に子ページを階層的につなげることができる。
例:「会社案内」の親ページの下に、階層的に「代表あいさつ」「地図」と並べれる。

・Regenerate Thumbnails
既に登録済みの画像を一括リサイズしてくれるプラグイン

・Shortcodes Ultimate
記事にあらゆる装飾をして表現の幅を広げることができるようになります。
2つの方法で利用することができ、1つ目はビジュアルエディタのボタンから選ぶ方法、2つ目はショートコードを張り付けて利用する方法です。

・Table of Contents Plus
記事の目次を自動で作成できるプラグイン
(見出し2つ以上で自動作成設定してます)

・TinyMCE Advanced

WordPressの投稿画面の編集ボタンの種類を増やし、HTMLやタグの知識がない方でも、無料ブログと同じ感覚で記事を設定できるようになる。

・WP Multibyte Patch
日本語版のWordPressを運営する場合、このプラグインは必ず有効化しておく必要があります

以上です。

-ワードプレス関連
-,

Copyright© 言葉の探求と文章表現のすゝめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.