体験と教訓

環境を変えて付き合う人を変えると価値観が変わるのか?

更新日:

環境を変える、付き合う人を変えると価値観が変わるのか?

 

そんなことを結果的に試した経験をお伝えします。

 

「あなたちょっと休みなさいよ」

相談した方に言われた一言です。

田舎から上京して2年が経過、27歳の頃に仕事もうまくいかない人間関係にも悩みまくり人間不信になりました。
誰とも会いたくない元気もなく全く笑えなくなりました。

うつかもしれない。
家族にも心配をかけており当時信頼していた方に相談すると高校生の娘が精神的に病んだ時1ヶ月親戚のハワイ宅で休ませたということを話してくれました。

そんな事ができるのは経済的に余裕があるからですよね。

内心そう思いましたが視野も狭くなり病んでましたので選択肢はそれしかないと思い……。
知人の旅行会社に聞くと飛行機代込みで1ヶ月20万円でいける案件があるというのです。

場所はハワイではなくオーストラリアのメルボルンでした。

お金はなかったのですが、借金をしてオーストリアに2月〜3月にかけて出発することになりました。

振り返ると無謀です、こんな事がよくできたなと思います。

ホームステイという名目ですがホストファミリーには放置して欲しい、あまり関わらないでくださいと旅行会社の人に伝えてもらいました。
ホストファミリーの家に着き日本から持ってきたアコースティックギターで好きな曲を弾いて過ごそうと思っていたのです。

福山雅治、斉藤和義、ビートルズ、奥田民生、コブクロ他、MDプレーヤーに入れてもってきた曲も聞き、ずっと部屋にこもる予定でした。

メルボルンの市内から電車で20分ほどの田舎町のおじいさんおばあさん宅で冷蔵庫のアイスクリーム食べ放題で、毎朝シリアル、料理はあまり美味しくないので好きなもの買ってきて食べてました。

体重は今より12キロくらい太っておりそれでも体重計がおかしい痩せていると勘違いしてました。
ずっと部屋にこもろうという予定がメルボルの街を散策している時にある人物を見つけます。

バスカーと呼ばれるストリートで演奏する人たちでした。
イーグルスなどのカントリーミュージックも好きでそんな雰囲気も出して演奏いている日本人がいました。

 

 

聞いてると心地良く楽しく聞かせてもらった後に20ドルほどでCDを買い彼と話をすると、名古屋出身で年も近くて演奏だけでオーストラリアで生活しているというのです。

演奏の投げ銭とCD販売して生活してる?!

生活できるの?
収入の波はないの?
安定してないじゃん?

私は会社からの給与で生活して安定が大事で潰れない有名な大企業で働く。
そんなふる〜い価値観がこびりついていたのでとても驚きました。

(最初の就職先は1部上場企業で7年後退職)

それから、彼の演奏を聴きにメルボルンの街に通うようになったのです。
他にも演奏している人はいましたが私の感性は彼の音や雰囲気に興味を持っていました。
演奏している彼の価値観を聞いていると自分らしく自由でいいという価値観を得られたのです。

それから1ヶ月間オーストラリアで過ごし日本に戻り劇的に人生が変わったわけではないし見た目も変わりませんでした。

ただ、メルボルンで見て体験した事で価値観が変化していました。
収入に関係なくやってみたい仕事にも試して人間関係も変えました。

このメルボルンの経験から色々な成功者の話を聞きいたり講演などにも足を運ぶこともはじめました。

色々な価値観に触れたかったのでしょう。

もう10年以上前の話ですが、環境が変われれば思考も視野も変わるという経験をしました。

もし人間関係で息詰まっているとしたら環境をガラッと変えることはおすすめです。

そんなことはできないよ、と思うようでしたら劇的にではなく小さく変える事でもいいと思います。

最後にオーストラリアから帰国して、その時のことを曲にしていただきました。
作曲と編曲は知人Myoさんです。

こちら、歌詞入りデータがなくなってしまいましてカラオケのみ。
10年以上寝かせていたお蔵入り音源ですが聞いてみてくだいさい(笑)

 

金銭的な余裕ない状況でオーストラリアのメルボルンへ期限はひと月のみ。
オージー老夫婦の元でお世話になり毎朝シリアルを食べていた。

気晴らしにいつもメルボルン市内をフラフラしていると自由な日本人とオージーに出会う。
自由気ままな彼らと話すことで、自分のエネルギーがチャージされる感じがした。
それからあっという間に1ヶ月がすぎ、帰国の朝になる。

夜明け前にお世話になった老父婦に見送られタクシーに乗り空港に向かう。
オージー老夫婦とのお別れはちょっと寂しく感じタクシーの中で時計の時差を2時間なおす外は小雨がふっていた。
そこから曲が始まります。

注)こちら音が出ますよ!

 

歌詞はこちらです↓

曲名:シリアル
作詞:私とMyoさん:作曲Myoさん

しばらくちがう時を刻んだ
腕時計2時間戻す

朝6時のタクシーエアポート行きの外は少しの雨

忘れかけたもの取り戻す僕は一人きり旅を続けてる

(サビ)
周りの言葉ばかり気になってたeveryday
ココロが閉ざされてく晴れる日がくるといいのに

この街にはいろんな国の人々が集まってる
コロコロ変わる 空の色は僕の気まぐれのよう

自立したい 逃げるんじゃない 僕は一人きり強さへのジャンプ

虹なんてどれくらいぶりに眺めたっけな
この空の下 はかなくも強く光れ

カタチにとらわれずに 自由にやればいいんだと
臆病ぶっ飛ばして カラッポの自分にチャージ

(サビ)
周りの言葉ばかり気になってたeveryday
ココロが閉ざされてく晴れる日がくるといいのに

毎朝のシリアルも口に合わないディナーも
飽きたけど Thanks. host family

君の元に帰る今から

ここまで読んで聞いて頂きありがとうございます。

-体験と教訓

Copyright© 言葉の探求と文章表現のすゝめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.