実践ワーク&お勧め本

仕事や才能や収入面での嫉妬心をなくすには?!

更新日:

嫉妬をなくす方法についてどうしたらいいのか?

嫉妬して困りやってみてこれがよかったな〜というものを紹介します。

 

誰でも少なからず生きていたら嫉妬はすると思います。

例えば……

・自分より才能を持った人
・すごい稼いで収入が高い人
・美人の奥さんがいる
・大きな家に住んでる
・いつもちやほやされてる

いいな〜、いいな〜。

と比較してなってしまうわけですが、嫉妬の後の行動や思考がとっても大事だと思うのです。

嫉妬した後にどうなりますか?

・嫉妬してその人を無視したり見ないようにする
・嫉妬してムカつくから悪口いったりいじめたりして攻撃する
・何に嫉妬しているのかじっくりと感情を見つめる
・私とは違う人間なのだと比較して自己否定に入る

他にもあると思いますが、嫉妬した後に私はこうなってしまいます……

・私とは違う人間なのだと比較して自己否定に入る
・嫉妬してその人を無視したり見ないようにする
・嫉妬してムカつくから悪口いったりする

正直これでした。

ただし、これだと残念なことが起こります。
嫉妬した人の良いところも見えなくなり取り入れられるとこも無視してしまいます。

実は、嫉妬により自分が得たいことがわかり何に反応したかで知ることができるのです。

ですから、

・何に嫉妬しているのかじっくりと感情を見つめる

ということをすると良いことがあります。

これを知ると嫉妬したらチャンスになります。

「あっ嫉妬した!」

何に?

これが欲しいし得たいんだ!
と気づくこともできます。

また、嫉妬を減らす質問ワークもありますので
それもご紹介します。

このワークをすることで得たいことを知れるヒントが掴めます。
持っている才能にも気づくヒントが得れます。

それでは、こちらからです。

【ワークショップ】

質問に順番に答えていってください。

嫉妬していること、羨ましいことについて

1)なぜ?羨ましいと思うのか?

2)どの要素が羨ましいと思うのか?

3)自分の中にその要素があるとしたらどんなところか?
(自分の内面にないものには反応できないという前提)

反応するのは,本音はそうしたいが隠れています。

持っている才能や個性や考えをハッキリさせるヒントをもらっているのです。

 

-実践ワーク&お勧め本

Copyright© 言葉の探求と文章表現のすゝめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.